プロミス 借り入れ方法徹底解説

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、銀行系の大手消費者金融なので、銀行カードローンと比べて審査回答最短30分や申し込みから最短1時間融資など即日融資に優れています。 また、カードレスでお金を借りる、web完結でお金借りる、スマホATMで気軽に借り入れできるなど、プロミスの借り入れ方法はいくつもありますので、ご都合の良いお金の借り方を選びましょう!

プロミス 借り方 お金の借入・引出方法

  • プロミスATM、提携金融機関ATM、提携コンビニATMからお金借りる
  • プロミスコール(フリーコール)から電話やWebでインターネットから振込キャッシング
  • お客様プラザ(店頭窓口・店舗窓口)でお金を借りる

プロミスATMからお金借りる

プロミスカードがあれば、全国のプロミスatmや提携金融機関ATM・提携コンビニATMで現金を引き出すことができます。
手数料無料のプロミス三井住友銀行ATM
プロミスの主な提携先である三井住友銀行では、ATM手数料無料にて、借入と返済を行うことができます。 プロミスでは千円単位で借り入れできるATMもあり、三井住友銀行のatmなら1000円単位でのキャッシングが可能です。
プロミス提携ATM
ゆうちょ銀行、コンビニATM E・net、ローソン銀行、セブン銀行、三菱UFJ銀行、イオン銀行、第三銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、熊本銀行、親和銀行、横浜銀行、広島銀行、広島銀行、八十二銀行、クレディセゾン、Loppi(ローソン、ミニストップ)、Famiポート(ファミマ)
※提携ATM利用手数料はそれぞれ異なります

プロミス振込キャッシングでお金を借りる

プロミスでは、プロミスカードなしでも借入可能な振込キャッシングでお金を借りる方法があり、特にプロミスの瞬フリなら、土日休日でも最短10秒で口座に振り込まれるサービスとなります。 スマホ、パソコン、ケータイから、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行をはじめとする全国のさまざまな銀行への振込キャッシングが可能で、非常に便利なお金の借り方といえます。
プロミスの瞬フリなら即日振込OK
対応金融機関:三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行
対応可能曜日:月曜 〜 土曜・日曜・祝日
受付時間:0:00〜24:00 24時間受付
振込実施の目安:受付完了から10秒程度で瞬フリ(振込キャッシング)

お客様サービスプラザ(店頭窓口)からお金を借りる

店頭窓口や店舗窓口でお金を借りる場合は、スタッフさんに借入や返済計画(返済プラン)についての相談ができるなど、気になる疑問や問題点を解決できるのが便利ですが、土曜・日曜・祝日は店舗がお休みなのでご注意ください。 なお、店舗窓口にはプロミスATMが併設されており、そちらは土曜日、日曜日、祝日でも7:00〜24:00まで営業しています。
プロミス店舗窓口の営業時間(店頭窓口の営業時間)
平日営業時間  10:00〜18:00(ATM7:00〜24:00)
土曜・日曜・祝日  休み(ATM7:00〜24:00)

※プロミスでは、お客様サービスプラザと呼ばれる店頭窓口(店舗窓口)で審査申込や契約手続き、キャッシングができますが、土曜日、日曜日、祝日、祭日などの休日は営業していませんのでご注意ください。
※提携ATMの利用可能時間は、公式サイトの検索にてご確認ください
プロミス三井住友銀行ローン契約機の営業時間
平日営業時間
9:00〜21:00

土曜・日曜・祝日
9:00〜21:00

※一部店舗では営業時間が異なりますので、公式サイトの店舗・ATM検索画面でご確認ください

プロミス借り入れ提携コンビニATM情報

プロミスでのお金の借り方のなかでたいへん便利なのが、平日はもちろん、土曜日、日曜日、祝日(祭日)などの休日でも、早朝・夕方・深夜など24時間365日いつでも利用できる提携コンビニATMでの借り入れです。 プロミス提携コンビニATMで借入や返済する際の営業時間や手数料をまとめています。

提携コンビニ 1万円以下手数料 1万円超手数料 平日・土日営業時間 メンテナンス時間
セブンイレブンATM 108円 216円 0:10〜23:50 23:50〜0:10/月0:00〜7:00
ローソンATM 108円 216円 24時間 不定期
イオン銀行ATM(ミニストップ) 108円 216円 24時間 24時間
E-netATM(ファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ等) 108円 216円 24時間 23:55〜0:05
※システムメンテナンス時間は利用できません
※メンテナンス時間は提携コンビニの端末ごとに異なります。
※24時間営業ではないコンビニ設置の場合は、コンビニの営業時間に準じます

プロミスコンビニATMでの返済

コンビニで返済をする際には、提携コンビニATM利用の際には所定の利用手数料がかかりますが、ファミリーマートのファミポートやローソンのLoppi(ロッピー)などのマルチメディア機を利用すると、利用手数料無料で返済できます。 プロミスの提携コンビニでは返済可能なところも多く便利ですが、プロミス提携ATMで基本的に1,000円単位でしか入金できないため、返済の際に硬貨対応が可能なatmはありません。 通常の返済の場合は、返済金額は千円単位となりますが、完済時など最後の入金の場合は1円単位での返済となるため、小銭が必要な1円単位での返済をする際には、振込返済やお客様サービスプラザ(店舗窓口)での返済が必要です。 なお、カードローンの借入限度額に対して、上限いっぱいまで借入をしていると新たな借入はできません。借りたお金を返済することで、プロミスご利用可能額0復活をすることができます。

プロミスwebで即日振込キャッシング

プロミスで来店不要でお金を借りたい!家賃・水道光熱費・クレジットカードの支払いなど、引落銀行口座に直接お金を振り込んでほしいときなどは、スマホやパソコンなどからwebで簡単に手続きでき、即日融資が可能な振込キャッシングが便利です。 瞬フリでの振込キャッシングなら、受付完了から最短10秒程度でお金を借りることができますので、プロミスで振り込みキャッシングを利用するに際には即日融資が可能です。

瞬フリのメリットとは

  • お申込み完了後、最短10秒で振込み
  • インターネット申込で24時間365日ご利用可能
  • 振込手数料0円
  • 来店不要で借入可能

プロミス振フリ対応銀行

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ゆうちょ銀行
※みずほ銀行は月〜金9:00〜14:50に受付した場合は受付完了から10秒程度での即日振込が可能です。
※その他、振込対応時間は異なります。土日祝祭日等の休日に対応しているない銀行は翌営業日の振り込みとなります
※プロミスで振り込みキャッシングをした場合、通帳の振込人名は「パル センター」か「プロミス」になります。振込人名は希望することができます。
※瞬フリは振込が反映されるのは受付完了から10秒ほどなので、振り込みのキャンセルはできません

メンテナンスによるサービス停止時間

  • 毎週月曜日0:00〜7:00
  • 1月1日0:00〜24:00
  • 1月2日0:00〜07:00
※メンテナンス中は振込の受付自体を停止しております
※瞬フリが振り込まれない原因としては、振込先情報の誤りやメンテナンス時間で利用できないなどがあります

プロミス振込キャッシングの利用手順

(1)会員サービスにログイン
※Web-IDとパスワードまたはカード番号とカード暗証番号が必要です
(2)振込先口座を登録(変更)
※振込先の登録は初回のみ。また、振込先口座の登録を変更することも可能です
(3)振込金額を入力して振込キャッシングのお申込み
(4)最短10秒で振込み完了!

プロミス 借り入れ基礎知識

プロミスの借り入れ可能額を確認

プロミスでは、借入限度額が1万円〜500万円までとなりますが、実際にプロミスからお金を借りることができる借入可能額は、審査をもとに決定されるためそれぞれの契約内容によって異なります。 カードローンでは借入限度額の範囲内であれば何度でもお金を借りることができますが、たとえば限度額が100万円だった場合に、すでに40万円借りれしていて返済がまだ済んでいない場合には、その時点での借入可能額は60万円となります。 また、公式ウェブサイトの会員サービスにログインをしてプロミスの契約内容を見れば、借入限度額や借入残高の確認をすることができます。

プロミス借り入れ可能時間

借入先 借入可能時間
お客様サービスプラザ(店頭窓口・店舗窓口) 平日の月〜金10:00〜18:00
プロミスATM 7:00〜24:00
提携コンビニATM 基本的に24時間
瞬フリ/振込キャッシング 基本的に24時間
※プロミス提携コンビニatmのシステムメンテナンス時間は利用できません。メンテナンス時間は提携先ATMにより異なります。
※プロミス提携コンビニatmのなかでも時間がハッキリしているのがセブンイレブンで、平日・土日営業時間0:10〜23:50となります。

プロミスの借り入れで千円単位OKな借入方法

金利や支払利息があるから必要な金額だけ少額キャッシングしたい!という希望は多いものです。一般的にカードローンの借り入れでは1万円単位でのキャッシングが多く、千円単位でお金を借りることができる方法は限られています。 そんな中で、プロミスではいくつかの方法で千円単位でお金を借りることができるのが便利です。 また、プロミス提携コンビニatmでの千円単位での借入はセブンイレブンに設置してあるセブン銀行に限られます。
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口・店舗窓口)
  • 振込キャッシング
  • プロミスATM
  • セブンイレブンのセブン銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • 横浜銀行ATM
  • イオン銀行ATM
※借入先によってはATM利用手数料が発生するのでご注意ください

カードレスでお金を借りる方法

ローンカードを持ち歩くのが面倒くさい!自宅にプロミスカードが送られてくると困る!といった方は、カードレスでお金を借りる方法が便利です。 また、カードレスなら、プロミスカードが使えないといったトラブルもないので安心です。
  • WEB完結で振込キャッシングのみで借入する
  • スマートフォンアプリのスマホATMでお金を借りる(セブン銀行)
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口・店舗窓口)でお金借りる

プロミスで即日融資!土日もOK

プロミスなら、初めてカードローン申込を行う方でも、土曜日、日曜日、祝日(祭日)などの休日でも、即日融資でお金を借りることができます。 土日でも審査回答最短30分や申し込みから最短1時間融資が可能なので、即日借入したい方にもおすすめです。

スムーズな土日申込方法

  • スマートフォンやパソコンからインターネットで24時間365日申込OKなWeb申込利用
  • 審査結果をもとに自動契約機で即日カード発行

プロミス土日審査の流れ

申込み(個人情報の申告)
一次審査(申込者の属性確認および信用情報の確認)
審査結果(メールか電話で連絡)
二次審査(提出書類の確認および在籍確認)

プロミス土日の審査対応時間

プロミス審査受付時間:9:00〜21:00(土日休日OK)
審査申込時間 審査結果が出る時間
0:00〜9:00 9:00以降
9:00〜20:30 審査申込より30分〜1時間くらい
20:30〜23:59 翌日9:00以降
※審査には最短30分かかるため、審査受付時間の30分前までには申込を完了させる必要がありますが、30分前だとあまりにもギリギリすぎるため、余裕をもって1〜2時間前には申し込みを済ませておいたほうが安心です。 ※基本的に申し込み受け付け順での審査となるため、翌日の審査対応開始時間を見越して、夜間や早朝など審査対応受付時間外での申込の場合でも、申込自体は早めに済ませておきましょう。

土日のプロミスカードローン審査のポイント

  • プロミスでは土日でも在籍確認が行われるため、会社が土曜日曜祝日が休みで在籍確認できない場合は事前に担当者に相談する
  • 職場が土日休みで在籍確認できない場合は少額借入を希望することで先に少額借入をし、在籍確認は月曜日に行われる場合がある

プロミス土日借入方法

  • ローンカードを使って自動契約機備え付けのプロミスATMで即日借入
  • 提携コンビニATMで24時間借り入れ
  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行の瞬フリで申込み完了後最短10秒で即日振込キャッシング
  • プロミスアプリローン利用でセブン銀行から即日現金借り入れ

プロミス土日返済方法

  • プロミスATM、三井住友銀行ATMで手数料無料返済
  • インターネットバンキングで即日返済

プロミスで借入金額を増額する方法

プロミスで初めてお金を借りる際には、はじめは借入源訴額も少額である場合が多く、日常的に利用しているなかで借入金額が足りずに増額申し込みをする…ということはよくあります。 こちらでは、プロミスの借入金額増額方法について情報をまとめています。

プロミス増額審査

すでに審査に通ってプロミスで借入している場合でも、借入限度額の増額をする際には、あらためて増額審査が必要となります。 増額審査の結果によって、借入限度額が増減するため、審査の結果によっては、借入限度額が却って減ってしまう可能性もある点も注意が必要です。 また、プロミス増額結果の電話こない場合には、単純に増額審査が混みあっている可能性もありますので、お急ぎの方はプロミスコールに電話をして問い合わせをしましょう。

プロミス 増額時の在籍確認

プロミスの審査で欠かせないのが在籍確認です。すでにカードローン審査を行っている方は在籍確認済みとなりますが、増額審査の際にも、職場が変わっている等の理由で在籍確認が行われる場合があります。 気になる方は、担当者に確認をしてみましょう。 また、増額申請を土日に行う場合には、増額審査の過程で在籍確認を行う際に土曜日曜が休みの会社は在籍確認が行えないため、事前に担当者に相談することで、月曜日など休み明けに対応していただける場合があります。

希望額によって収入証明書類が必要

消費者金融は総量規制の対象となるまため、増額希望金額によって、下記条件に該当する方は収入証明書類のご提出が必要となります。
  • ご希望のご利用限度額が50万円を超える方
  • ご希望のご利用限度額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える方
収入証明書類
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がない方は直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください
※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類や収入証明書類などを提出する場合は、その箇所を見えないように加工して提出して下さい

総量規制とは

総量規制とは貸金業法で定められているもので、個人向け貸付け(個人がお金を借り入れる行為)を対象として、個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される規制です。 そもそも年収の1/3を超える借り入れができないこともあり、プロミスなどの銀行系大手消費者金融では、利用者が無理な借入をしないよう金融庁の指導の下、しっかりと対応しているため、お金の借りすぎで困るといったケースが発生しにくいのが特徴です。 なお、クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象となりますので、すでにクレカでキャッシングしている方は、「ご希望のご利用限度額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える金額」のなかに、クレジットカードのキャッシングでお金を借りる分の借入金額もきちんと合算しましょう。

※法人向けの貸付けと保証、個人向けであっても個人向け保証は総量規制の対象外となります
※原則として、個人が事業用資金として借入れる場合は総量規制の対象となりません

プロミスで増額できない時の原因

プロミスで増額できない時には、下記の原因が考えられます。 また、増額申請をしてあらためて増額審査をしたことで、借入限度額が下がる可能性もあるため、増額申込前の段階で下記の条件に当てはまる方は、増額申込自体を見合わせたほうが良い場合もあります。
  • プロミスの契約期間が1年未満と短く信用度が足りない
  • プロミスの借入れの実績がない
  • 直近3〜6ヵ月間内にプロミスで延滞している

プロミス問い合わせは電話が便利

プロミスカードを紛失した、暗証番号がわからない、プロミス公式ウェブサイトにログインできない、プロミスカードが使えない、プロミスの借り入れを停止 したい…など、プロミスのサービスに関することで疑問に思ったこと、困ったこと、相談したいことなどがありましたら、気軽にプロミスコール(電話料金不要のフリーダイヤル)に電話をしましょう! プロミスの電話番号は、公式ウェブサイトに掲載してあります。

プロミスカードローンQ&A

プロミスで借り入れできない原因は?
プロミスに限らずカードローンキャッシングを利用する際には、必ず審査が必要となりますが、その審査基準などは公表されていません。 そのなかでも、審査に落ちる原因としてあがっている点を確認してみましょう。

・他社借入件数が多い
・信用情報機関に事故情報が残っている(ブラックリストに載っている)
・申込時の虚偽申請が原因
・在籍確認が行えなかった

※プロミスの審査が大丈夫か心配な方などは、知恵袋でプロミスの情報を集めたり、プロミスに関する掲示板などで調べてみると、実際にプロミスでお金を借りた人や消費者金融の利用経験者の生の情報が手に入るかと思います。

プロミスって口座開設が必要なの?
プロミスは銀行とは違い消費者金融なので、口座開設といった概念がないため、口座開設は不要です。

プロミスの店舗の場所や営業時間、ロチ扱い内容などが分からない場合には、どうすれば良いですか?
プロミスの公式ウェブサイトでは、店舗・ATM検索があるため、「プロミス 加古川」「プロミス 広島」「プロミス 大宮」といった具合に、地域名や県名などのキーワードを入力するとお店や提携ATMごとの詳細情報を調べることができます。

他社借入件数が多いと審査にお落ちるって本当ですか?
プロミスでは消費者金融ということもあり、他社借入については銀行ほどの厳しさはありません。 他社からの借り入れとは、プロミス以外の他社カードローンなどを指しますが、他社借入 のなかにはクレジットカードのキャッシング枠も含まれますのでご注意ください。 なお、他社借り入れあっても借りれることもありますが、他社借入件数自体があまりにも多く、また、返済遅延や返済不能といった状況に陥っている場合などは、審査に通るのは難しいでしょう。
page top