大手で安心!プロミスの借り入れ条件やプロミスの借り方とは

銀行系カードローンのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでは、初めてなら30日間無利息、申込から最短1時間融資、24時間最短10秒振込キャッシング、独自の会員優待サービスなど、即日融資と利息サービスが充実しています。こちらではスムーズなプロミスのお金の借り方をお伝えしています。


@ 安心大手のプロミスでお金を借りる【7つの理由】

どうしてもお金が必要になった場合でも、なかなか人にお金を借りる相談というのはしにくいものです。

そこで、担保不要・保証人不要・借入目的が自由なフリーローンであるのカードローンでお金を借りる方法が注目されています。

その中でも、即日融資でお金を借りれる大手消費者金融のうち、プロミスでお金を借りると良い6つの理由を公開しています。

【理由1】 プロミスなら最短1時間の即日融資&最短10秒即日振込

プロミスは審査速度が早いため審査回答最短30分と、申し込みからすぐに審査結果を確認することができるのが特徴でありメリットです。

また、審査後は契約手続きもスムーズで、自動契約機や振込キャッシングでお金を借りることもでき、申し込みから最短1時間で融資を受けることもできます。

瞬フリ(振込キャッシング)の特徴
  • お申込み完了後、最短10秒で振込み
  • インターネット申込で24時間365日ご利用可能
  • 振込手数料0円
プロミス振フリ対応銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ゆうちょ銀行

【理由2】 初めてなら30日間金利0円!無利息キャッシングのプロミス

銀行と比べて金利が高いと言われている消費者金融ですが、銀行系大手のプロミスなら、はじめてお金を借りる方は、30日間無利息期間サービスを利用することができます。

たとえば、借り入れしてから30日以内に返済をすれば、実質、無金利でお金を借りれることになります。

また、100万円以下の借入の場合は、大幅に金利の差はありません。

プロミス30日間無利息の対象条件
  • プロミスをはじめて利用するお客さま
  • メールアドレスをご登録したお客様
  • Web明細を利用するお客さま(書面の受取方法を「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」にしている方)

※すべての条件を満たしているお客さまが対象

無利息期間
初回出金の翌日から30日間
※同じく初回に無利息期間サービスがあるアコムやアイフルは、条件が「契約翌日から30日間無利息」となるため、 契約日の20日後に初めての借入をした場合には、実際の無金利期間は10日間しかなくなってしまいます。

その点、プロミスの30日間無利息キャンペーンは、「初回借入日から30日間無利息」なので、きっちり30日間フルで無金利キャッシングでお金を借りることができるので、非常にオトクです。

【理由3】 他社にはないプロミス独自サービスの充実

  • プロミスポイントサービスで提携ATM手数料無料&一定期間無利息
  • カンタン入力でお申込みとフル入力でお申込みと選べる2つのネット申込が便利
  • プロミス×三井住友VISAプリペイドカードが利用できる
  • プロミスカード会員限定優待サービスが充実「おとくらぶ」の利用が可能
  • LINEでプロミスキャラクターのプーちゃんが質問に答える無料のチャットサービスで疑問解決
  • スマホアプリローンのスマホATMが便利

【理由4】 プロミスのスマホアプリローンが便利

急にお金が必要な時でも、プロミスのアプリローンなら、お手持ちのスマートフォンを使って来店不要で申し込みから借り入れまで完結できます。

スマホに無料の専用アプリをダウンロードして、「Web完結」で契約すれば、カードレスで簡単3STEPでお金を借りれます。

プロミスアプリローンのメリット
  • 来店不要で申込み
  • 審査回答最短30分&申込から最短1時間融資で即日融資可能
  • カードレスでキャッシング
  • プロミスが初めての方なら30日間無利息サービス
  • 24時間いつでも取引可能
新規お申込みからお借入れまでの流れ
(1)スマートフォンアプリで申込!新規申込&書類提出
(2)最短1時間で審査&契約完了
(3)カードレス!アプリでセブン銀行ATMから即日借入
※プロミスのアプリローンで、契約当日から使えるおトクなクーポンをGET

【理由5】 プロミスならスマホATMでコンビニキャッシングもラクチン

プロミスのスマホATMは、原則24時間365日取引きでき、セブン銀行のATMでプロミスカードを使わずスマホだけで現金の借入&返済ができる便利なスマートフォンサービスです。

プロミスは口座開設も不要なので、スマートフォン1台で申込み、契約手続き、借り入れ、返済が可能です。

スマホATMの取引手順と使い方
(1)スマートフォンでプロミスのアプリにログインする
(2)スマホATM取引をクリックする
(3)セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を押下
(4)QRコードが取引画面に表示される
(5)出金・入金いずれかをクリックする
(6)(4)で表示されたQRコードを読み取る
(7)企業番号・ワンタイム暗証番号が表示される
(8)セブン銀行ATMの取引画面に(7)で表示された番号を入力する
(9)セブン銀行ATMの取引画面にて、ワンタイム暗証番号を入力する
(10)取引金額を入力する

【理由6】 土日休日も借りれる賢いプロミスの借り方

プロミスなら、金融機関の営業時間である平日15時まではもちろん、平日夕方、平日夜間、土曜日・日曜日・祝日(祭日)などの休日でも審査を行っているので、 土日祝日に新規でカードローン申込をしても、申込日当日中にお金を借りることができます。

土日の週末でも自動契約機申込み&カード発行で借り入れできますが、自動契約機で申込をすると、審査回答が出るまで待ち時間が発生していまうため、 ネットもうぢ込で審査回答を確認したうえで、カード発行が無駄な待ち時間もなく便利です。

プロミスで土曜日曜にお金を借りる手順
(1)スマホ・パソコン・ケータイからインターネットで24時間365日申込
(2)最短30分で審査回答後、プロミスATMや提携コンビニATMor瞬フリ(振込キャッシング)でお金借りる

ネット申込&自動契約機でプロミスカード発行
スマートフォンやパソコンで申込んだあと、審査結果を確認したうえで、自動契約機(無人契約機)でプロミスカード(ローンカード)を発行すれば、自動契約機に備え付けのプロミスATMでその場でお金を引き出せます。 プロミスATMでのお金の引き出しや返済は、手数料無料です。 また、提携コンビニATMであれば、プロミスカードで24時間いつでもお金を借りることができます。

ネット申込&瞬フリでお金を借りる
三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行に口座があれば、24時間最短10秒で即日振込可能な瞬フリ(振込キャッシング)の利用が可能です。

瞬フリサービスの特徴
  • 手数料は0円
  • 24時間365日利用可能
  • 最短10秒で指定口座へお振込み

【理由7】 番外編!銀行カードローン&他カードローンがNGの理由

銀行カードローンが厳しい理由
カードローンキャッシングには、主に銀行カードローンと消費者金融カードローンがありますが、審査が厳しい銀行カードローンは審査に時間がかかるため、即日借入には向いていません。

また、銀行カードローンの貸付金額が年々増加していることを受け、金融庁の指導により銀行の貸し渋りが発生していることから、ますます銀行カードローンの審査に通りにくくなっている現実があります。

銀行は消費者金融と比べて金利が安いといった特徴がありますが、プロミスは法定金利の範囲内での貸付となることから、 100万円以下の金額であれば、実際の支払利息の負担は少なく済みます。

なお、借入金額が高額借り入れの場合や長期借入となる場合には、金利の影響を受けやすいため、まずは銀行借り入れに挑戦してみましょう!

他カードローンよりプロミスが良い理由
プロミスのほかにも、消費者金融のなかには、アコム・SMBCモビットなどの大手銀行系カードローンや、東証一部上場企業のアイフルなどの大手消費者金融があります。

それぞれにサービスが充実しており、メリットとデメリットがありますが、初めてお金を借りる際の30日間無利息サービスにおいて、プロミスの場合は「初回借入日から30日間無利息」であるのに比べて、 他社は「契約の翌日から30日間無利息」なので、借り入れ日が契約日から30日以上経ってしまった場合には、無利息サービスを受けることができません。

プロミスの自動契約機は、たとえばアコムの自動契約機(むじんくん)よりも営業時間が1時間長いので、アコムで申込み損ねた方などにも助かります。

また、プロミスではポイントサービスで提携ATM手数料無料&一定期間無利息サービスを受けられたリ、会員限定優待サービスが充実していたりと、 独自のお得なサービスも多く、大手消費者金融のなかでは、サービスの質が群を抜いています。

A 来店不要で便利!プロミスからのお金の借り方

プロミスの自動契約機は、平日に加えて土曜日・日曜日・祝祭日などの休日にも9時〜22時と長時間にわたって営業しているので、 振込キャッシング口座をお持ちでなくローンカードを発行したい方でも、プロミスカードを即日発行することが可能です。

また、お近くにプロミス自動契約機がない場合でも、三井住友銀行ローン契約機でもカード発行が可能で、こちらも9時〜21時と営業時間が長いので、たいへん便利です。

プロミス 自動契約機でローンカード即日発行

プロミス自動契約機(無人契約機)の営業時間
平日営業時間 9:00〜22:00
土曜・日曜・祝日 9:00〜22:00

※一部店舗では営業時間が異なりますので、公式サイトの店舗・ATM検索画面でご確認ください


プロミス三井住友銀行ローン契約機の営業時間
平日営業時間 9:00〜21:00
土曜・日曜・祝日 9:00〜21:00

※一部店舗では営業時間が異なりますので、公式サイトの店舗・ATM検索画面でご確認ください


プロミスカード不要!カードレスキャッシング

一般的なカードローンでは、ローンカードの発行が必須となりますが、プロミスでは、カード不要でお金を借りることができます。

申込み、審査結果確認、契約手続き、借入、返済とすべての手続きがインターネットでweb完結するので、来店不要で済むため、1 万 円 足り ないといった場合でもわざわざATMに出向くことなく借入もでき非常に便利です。

プロミス カードが使えない状況の場合でも、カードレスならスマホやパソコンがあれば利用できます。

また、プロミスの契約書類や利用明細を自宅に送らず、来店不要で誰にも会わずに手続きできるので、プロミスで誰にもバレずにお金を借りたい場合にも良い借入方法です。

Web完結でカードレスの特長
・即日融資も可能
・郵送物なし
・カードレス
・返済方法が口座振替でラクチン
・希望口座へ振込キャッシング

※手元に現金が必要ではなく、クレジットカードの支払や水道光熱費・家賃の支払の引き落としのお金が欲しいなど、指定口座への直接振込キャッシングして欲しい場合にも、借りた現金を口座に入金する手間もなく助かります


Web完結の手順
(1)スマートフォン、パソコン、ケータイからWEB申込
(2)審査回答 
(3)webで契約手続き
(4)振込キャッシングで借入

※審査回答の希望連絡方法は「メール・電話」を指定

※返済方法を「口座振替による返済」指定

※「カード不要」で契約手続き

※明細確認や契約内容確認は「WEB明細」指定にすることで自宅への郵便物もなし

※書類提出もメールやスマホアプリで手続きで行う

プロミスの金利をチェック!

消費者金融というと、低金利な銀行カードローンと比べて金利が高いイメージがありますが、プロミス、アコム、SMBCモビット、アイフルなどの大手消費者金融は、金融庁の指導の下、法定金利の範囲内の金利設定で健全経営を行っているため安心してお金借りることができます。

特に、借入金額が少額の場合などは、実際に支払う利息金額の負担が少ないため、無利息キャッシングサービス、振込手数料やATM手数料無料サービス、ポイントサービス、お得な会員サイトサービスなど、金利以外のサービス部分も考慮して検討されると、結果的に、無駄なくお金を借りることができるのではないでしょうか。

例)1ヶ月(30日)借入した場合の金利【他社比較】

会社名/金利 1万円 10万円 50万円 100万円
プロミス
4.5% 〜 17.8%
146円 1,463円 7,315円 14,630円
三菱UFJ銀行
1.8% 〜 14.6%
121円 1,216円 6,083円 12,166円

プロミスならコンビニキャッシングもラクチン

プロミスの借り方のなかで人気が高いのが、セブン銀行ATM、ローソン銀行atm、コンビニATMのE・netなど全国で気軽に利用できるコンビニキャッシングです。

プロミスatmの利用時間は、セブンイレブンなどの提携コンビニATMであれば、定期メンテナンス時間以外24時間で、いつでも借入・返済が可能です。 プロミスの提携コンビニatmは千円単位での借入(お金の引出し)が可能なので、本当に必要な金額だけを借りれるのが助かります。

プロミスatmの使い方はシンプルで、提携コンビニATMやCDにプロミスカードを挿入して、画面に従って操作をすれば、スムーズに借り入れや返済できます。

提携金融機関ATMやコンビニATMでは、取引額に応じて、提携ATM利用手数料の負担がありますので、ご注意ください。プロミスATAMや三井住友銀行ATMは利用手数料は0円(無料)です。

コンビニ借り入れについて詳細はこちら

[Q&A] 申し込み方法いろいろ、サービス向上委員会のプロミスには借り入れ条件・借り方がある

サービス向上委員会、このフレーズを聞くだけでどの消費者金融をさしているかわかるほど知名度が上がってきています。
その名前はプロミスです。
大手カードローンであるプロミスは、テレビコマーシャルの影響もあり、お金を借りたい!と思ったときにも、人々の印象に大きく残っています。
サービス向上委員会と宣言するだけあって、申し込みの方法も利用者のニーズに合わせています。
忙しい人には、通勤途中や休憩時間でも申し込みの申請ができるWEB契約があります。
現在は、スマートフォンやノートパソコンがあればいつでもどこでも契約可能です。
家から出ることができない人には、郵送や電話での契約が可能です。
インターネット環境がなくても電話さえあれば、融資を受けることが可能なのです。
契約をする時には、氏名や住所といった個人情報から職業や他社からの借入を入力する必要があります。
嘘の情報を記入しても、プロミスなどの大手カードローン会社にはすぐにばれるので、お金借りる際の申込でも正確な解答をする必要があります。
借り入れの条件は、最低限で20歳以上から70歳未満の本人に収入がある人です。
収入は突発的なものではなく、安定したものに限ります。
安定したものであれば、学生でもアルバイトであっても融資を受けられます。
企業によって、審査基準がことなるので収入があっても絶対に審査に合格するとは言い切れません。
いざという時に、円滑に消費者金融の利用ができれば役に立ちます。
ホームページでは借り入れ前に、返済シミュレーションや借り入れ診断をすることができるので、有効活用しましょう。
借り方も大手ならではの充実感なので、初めてお金を借りる方などにもわかりやすく、良いかもしれません。

[Q&A] 消費者金融から1万円だけお金を借りるには

消費者金融から1万円だけキャッシングするには、お金の借り方を知っておくと便利です。まずは申し込みをして審査に通る必要があります。
多くの業者が利用可能額の最低単位が10万円からとなっているので、借りたい金額を含む最低ラインで申し込むのがおすすめです。
もちろん、収入がたくさんあり、返済能力が高い方なら大きな金額を希望してもいいのですが、審査に通るか不安がある場合は希望額は抑えめにするほうが賢明です。
10万円の利用可能額を希望する場合、目安としては収入が50万円以上あることが必要です。
また、消費者金融カードローンでは総量規制があるため、年収の3分の1を超える借入はできないとされています。
そのため、自分の年収および、既に他社で借りている場合にはその金額を含めて、年収の3分の1を超えない範囲で申し込む必要があります。
審査が通れば、ローンカードが発行されます。
カードを受け取ったら、専用のATMはもちろん、提携の金融機関やコンビニに設置されているATMで簡単操作でお金借りることが可能です。
プロミスなどの多くは千円または1万円単位での借り入れが可能なため、希望通りの金額を借りられます。
もし、ローンカードを郵送等で受け取る前にどうしてもお金借りたいという場合は、振込みキャッシングが利用できるか確認してください。
インターネットやコールセンターに電話して、ご自身名義の口座に借入金を振り込んでもらうことができます。
振込みが完了すれば、お手持ちのキャッシュカードで引き出すことができます。

プロミス基本情報

プロミスフリーキャッシング商品内容

融資額 500万円まで
契約額 お客さまご指定の契約額(極度額)の範囲内で、プロミスが決定した金額
金利適用方式 単一金利
借入利率 4.5%〜17.8%(実質年率) ※新規契約の方が対象
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期日 5日、15日、25日、末日の中から、お客さまのご都合にあわせてお選びいただけます。
※三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替によるご返済を希望される場合、ご返済期日は5日となります。
返済期間・返済回数 最終借入後原則最長6年9ヶ月・1〜80回
お申込みいただける方 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合は申込み可能です
資金使途 生計費に限ります。
(ただし、個人事業主の方は、生計費および事業費に限ります)
担保・保証人 不要
無利息サービス 初めての利用で30日間無利息サービスあり ※メールアドレス登録とWeb明細利用が必須

更新履歴